木のお店で毎日お客さまとお話させていただくと、ご質問もたくさん頂戴します。

こちらの「木の雑貨のお役立ちガイド」シリーズでは、木のお店で特によくお客さまに聞かれる質問について、スタッフがお答えしていきたいと思います。

 

最近木の器を使い始めた!という方、

これから使ってみようかと思っているけど、わからないことがある…という方。

みなさまにお役立ていただけると思いますので、ぜひご覧くださいませ。

 

木の器って、思ったより使いやすいかも!

森のおくりもの

木の器を買うときに一番気になるのは、やはりお手入れのことですよね。

 

スタッフである私も、正直以前は

「木のお皿ってオシャレだけど、お手入れがめんどうくさそうだなぁ」

と思っておりました。

 

しかし、実際自分で色々な木の器を使っているうちに

「あれ?木のものって、思ったより全然使いやすいかも!」

と気がつき、今ではすっかり木の湯のみやお弁当箱、お皿がお気に入りになりました。

 

そんなスタッフが、実際の体験談を交えてみなさまの疑問にお答えしていきます。

 

 

油ものを載せると、染みになる?

さて、今回は第二弾です。
「木のお皿に油ものを載せると、染みにならないの?」

これも正直、かなり気になりますよね。

スタッフである私も、使う前は「木のお皿って、油が染みていっちゃいそうで使いづらいかも…」と思っていました。

 

ハンバーグや焼肉やステーキなどなど、油っぽいものを乗せた日には、ベタベタのギトギトになって、洗っても取れないかっこ悪いシミができちゃうんじゃないかしら…
と、心配な方も多いはず。

ですが、実際に使ってみて、私もびっくりしました。

「木のお皿に油ものを乗せても、油染みはできない」のです。

 

 

油っぽいものをのせても、染みにならない理由

ではなぜ、木の器に油が触れてもシミができないのでしょうか?

前回の「洗剤で洗っても大丈夫?」編でも紹介させていただいたのですが…

 

デザインモリスで扱っている木のお皿やお弁当箱、実は素の木に見えるものにもウレタンで塗装がかけてあるのです。
この塗装が木をガードしてくれているため、水や油が簡単に染み込んでいってしまうことはありません

 

透明な塗装なので、木の手触りや木目はそのままに、だけど便利に使えるようになっているというわけですね。
食品衛生法の規格基準をきちんと通った、人の健康を損なわない安全なものだけを使っているのでご安心くださいませ。

この塗装があるおかげで、木のお皿でも普通の食器と同じように油物を乗せて使えるんですね。

 

 

油っぽい「いなり寿司」で実験!

さっそく実験をしてみました。

お昼ご飯のいなり寿司を、木のお皿に盛り付けていただいてみます!


いなり寿司は、油揚げで包まれているので、触れるとベタベタと手に油がつくのですが、木のお皿に乗せても大丈夫でしょうか?

 

使い終わったお皿を見てみると…


特にシミになっている様子はありませんね。
油が木に染み込むことなく、表面で受け止めてくれているのがわかります。

 


さて、これを、前回のような手順でやさしく洗い、ふきんで拭いてみると…

 

お皿はこのようにピカピカの元どおり!

油のシミはできていません。

 

木の器やお弁当箱を使った後、洗剤での洗い方については、

お客さまからの質問シリーズその①をご覧ください。

 

追記:

後日、いなり寿司よりもさらに油っぽいもの…!

「カリカリに焼いて油がしたたるベーコン」を木のお皿で食べてみました。

油

心配になるほどギトギトに汚れたお皿でしたが…

杉の木皿

洗うときれいにピカピカになりました!

 

 

油物をのせる際に気をつけたいポイント1つ

そして、油物を乗せる際にひとつだけ気をつけていただきたいのが、

料理を乗せたまま放置しないことです。

 

前回にも紹介した
”水に長時間つけおきすると、木の内部まで沁みて痛む原因になる”のと同じで、

油物も、あまりに長時間のせておくと油分が染みてシミになってしまう可能性があります。

前の晩におかずを詰めて次の日のお昼に食べて、夜には洗う…
お弁当箱はそんな使い方をされるかと思いますが、まる1日程度だったら油っぽいお料理でもまったく問題はありません。


(心配な方は、おかずを小分けできる紙パックなどを使うとより安心です)

 

しかし例えば、食べきれなかった天ぷらを木のお皿に乗せて3日置いておいた…
なんていうことになると、油が染みてしまう可能性が出てくるので気をつけてください。

 

冷蔵庫で料理を保管する際は、木の器のままではなく、タッパーや他の素材のお皿に移し替えるようにしてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回の内容をまとめると…

・木のお皿・お弁当箱には油物を入れてもOK
・ただし、乗せっぱなしで数日放置するのはNG

中華も、和食も、おしゃれなイタリアン風も…どんな料理を乗せてもしっくりくるのが、木の器の素晴らしい魅力の一つだと思います。

ぜひ、油物も気にせず使える木のお皿で、おいしいご飯を楽しんでくださいね♪

 

 

ご飯の時間がもっと楽しくなる!おすすめの木の器をご紹介します

最後に、

「木の器は気になっているけれど、どれから使えばいいかわからない…」

そんな方にオススメの木のお皿をご紹介したいと思います。

 

使い勝手抜群、深め&大きめの木のお皿

深みがあるので、どんなお料理のときにも使いやすいと評判のブナの木のお皿です。

カレーライス、煮物、ドレッシングをたっぷりかけたサラダでももちろん平気。

ハンバーグやサラダをご飯と一緒に盛り付けて、カフェ風にワンプレートごはんにするのにもぴったりです。

一枚持っているといろんな場面で活躍するお皿は、木のお皿が初めての方にもおすすめです♪

 

 

毎日のくらしに、自然の木の優しさを

木の器って、お手入れが面倒なんじゃないか?

手間がかかりすぎるんじゃないか?

そんな不安を少しでも取り除いて、みなさまの暮らしがより木と近付く手助けとなれば幸いです。

自然の優しさを暮らしに取り入れて、ぜひ毎日にぬくもりを灯してみてくださいね♪

 

 

300種類以上の木の雑貨が揃う、犬山城下町の木の雑貨専門店

「犬山城下町の木のお店 デザインモリス」店舗案内はこちらから

店舗でのお客さまの声をもとに、手に取りやすい人気のお弁当箱・木の食器や

ご出産・ご結婚などのお祝いギフトセットが充実した

「木のお店デザインモリス オンラインショップ」こちらから